やる気レポート

【連載】子どもたちに行政的な措置をとるほど、社会の底に空いてしまう“穴”|特別寄稿:学びを通してだれもが主役になる社会へ(4)

2019.08.11

毎週日曜日更新
いま、私たちの社会は、たえず移り変わっています。不透明な未来社会。その実体をつかむのは容易ではありません。
東京大学・牧野 篤 教授は、これから向かっていく社会を「だれもが主役になる社会」だと考察しています。そこに求められるものとは。現代の本質を切りとり、これからの教育の可能性を語り尽くします。

シリーズの一覧はこちら




学びを通してだれもが主役になる社会へ
――これからの子どもたちの学びを考えるための断想――


 
 
 

4
地域コミュニティにおける子どもの学び

(前編)


 

自己肯定感を高める言語活動

 

しかし反面で、このような議論が陥りがちな課題があるように思われます。それは、単純化の罠とでも呼ぶべきことです。つまり、子どもたちが豊かな学力を身につけ、自分の人生を他者とのかかわりの中でつくり、生き抜くためには、非認知能力の高まりが必要であり、そのためには他者との相互承認関係が求められる。貧困家庭の子どもの学力が低いのは、親を含めて、子どもをとりまく人間関係が貧困で、それが子ども自身の肯定感を低くしているからであり、その子に豊かな人間関係を保障し、自己肯定感を高めてやれば、彼らの学力は上がるはずだ。こういう、ある種の原因の単純化による思い込みが支配することになるのです。

 

ここで私たちが問わなければならないのは、この自己肯定感は、「感」として身につけられればそれで済むものなのかということです。そして、ここで私たちが思い出すべきことは、先の「社会に開かれた教育課程」の核心が「体験と言語」であり、新たな学習指導要領がとくに言語活動を重視していることの意味です。

 

それはつまり、言語そのものが社会的なものであり、言語を用いて、自らの状況を認識し、それを他者へと論理的に伝えることができること、そして対話的に他者と関係を構築しつつ、異なる価値をすりあわせながら、新しい価値へと生み出していく知的な活動をともなうことで初めて、私たちは自分がこの社会の中に歴史的に位置づいているという実存の感覚を、まさに論理的な言語によって得ることができるということ、このことをきちんととらえておく必要があるということです。自己肯定感や自立心、さらには自制心という非認知能力は、むしろこうした言語による認知活動によって、子どもたちが積極性や挑戦してみようとする気持ち、そして失敗してもやり直そうとする復元力を持つこと、つまり駆動力へと結びついて行き得るのだといえます。

 
 
 

クルマの両輪としての非認知能力と認知能力

 

非認知能力と認知能力の両輪がうまく協調できてこそ、子どもたちは他者とともに自らの力で、自分の人生をつくり、生き抜くことができ、この社会の持続可能性を高めることができるようになります。そのときの鍵となるのが、地域と学校との協働です。こういう関係の中に、子どもたちの「学び」を置くことが求められるのだといえます。

 

こうして初めて、子どもたちはこの予測不可能な未来を自らの力で生きることができるようになります。

 

そしてそのとき重要なのは、学校という日本社会で普遍的な制度を活用しつつ、それと地域コミュニティとを結びつけ、そこに子どもと地域のおとな、そして学校の教師が三位一体となって子どもたちの学びを構成することです。その焦点は、地域コミュニティにおける子どもの「学び」です。

1 2

ページTOPへ