やる気レポート

【連載】子どもたちは“将来のおとな”から“現在の主役”に変わっていく|特別寄稿:学びを通してだれもが主役になる社会へ(2)

2019.07.28

毎週日曜日更新
いま、私たちの社会は、たえず移り変わっています。不透明な未来社会。その実体をつかむのは容易ではありません。
東京大学・牧野 篤 教授は、これから向かっていく社会を「だれもが主役になる社会」だと考察しています。そこに求められるものとは。現代の本質を切りとり、これからの教育の可能性を語り尽くします。

シリーズの一覧はこちら




学びを通してだれもが主役になる社会へ
――これからの子どもたちの学びを考えるための断想――


 
 
 


社会の大きな転回
(後編)


 

一人ひとりの生産性が問われている

 

一人ひとりの労働者の能力は高いのに、生産性が低いのは、昭和を懐かしむ声の大きい人たちがいまだに「競争」を唱え、教育の仕組みを従来の競争主義・能力主義から切り換えてこなかったことのツケが回ってきているということなのではないでしょうか。いいかえれば、頑張れば何とかなるといって、長時間労働ややりがい搾取と呼ばれるような働かせ方をした結果、うつ病の蔓延、自殺者の増加など、一人ひとりの能力を潰してきてしまったということなのではないでしょうか。

 

これからの日本社会には、次の3つのシナリオがあるといわれます。第一は、人口減少とくに労働者の減少分を補うだけの生産性を高めて、GDPを維持するシナリオ。労働者の減少分を外国人で賄うという議論もあり得ますが、40年間で3000万人、つまり国民の4人に1人が外国人となる状況にこの社会が耐えられるとは思えないため、単純に外国人を増やすシナリオはあり得ないといわれます。第二は、このまま途上国並みにまで没落するシナリオ。そして第三は、現在の高い水準の民度や文化を保ち、インフラを維持しつつ、ICTなどでは世界の先端に追いつけない、いわゆる上質な文化を持った三流先進国となるシナリオ。

 

しかし、この3つのシナリオのうち、第三のシナリオはあり得ないといわれます。なぜなら、現在の高度な文化やインフラを維持するためには、少なくとも現状のGDPが維持されることが必要だからです。GDPは縮小するのに、現在の民度や文化、さらには高いインフラ整備率を維持し続けることは困難なのです。

 

そうしますと、第一のシナリオと第二のシナリオしかないのですが、第二のシナリオは人々の生活水準を極端に落とすことになりますから、これも採用できないということになります。そうであれば、第一のシナリオしかないことになり、一人ひとりの生産性を上げることでしか、私たちの社会が生き延びる術はないということになります。

 
 
 
1 2 3

ページTOPへ