子育て・教育

【相談】人に頼ってばかりの私。フルタイム勤務したくても自分に自信がない…【第17回】心理学者に聞く、人間関係のお悩み相談室

2020.04.10

私たちはしばしば、人間関係に悩まされて、やる気をなくします…。そんなゲストのさまざまなお悩みを、“人間関係の心理学者”齊藤勇先生が解決する連載です!

今回のゲストは、時短勤務で働くワーママ。人に頼ってばかりで仕事にも自信が持てない中、フルタイムに挑戦してもいいのか悩む相談者に齊藤先生がやる気になれるアドバイス!

前回の記事はこちら



 

サイトウ先生
(立正大学心理学部名誉教 授 齊藤 勇 先生) 「人間関係」を専門とする心理学のエキスパート。 日本ビジネス心理学会長。
セブ島などで英会話学校のアドバイスをしたりといろいろ大活躍のスゴい人。とても気さくなおじさまです。

 

かんがるーさん
今回の相談者。 高校生の子を持つ1児の母
ご主人の仕事が忙しく、ほぼワンオペ状態で家事をまわすしっかり者。時間ができたらラベンダーを大量に増やし、自己満足に浸りたいと思っている。。

 

こぶた
やる気ラボスタッフ。ラボに移り住んでから、脂が乗りすぎて出荷されずにいる。ダイエットさせるためか、ラボの家主からダイエットメニュー(仕事)がどんどん増やされる毎日を過ごしている。

 

わん子
やる気ラボスタッフ。年齢不詳の女性会社員。 学校休校、リモートワークで家事が増えた感覚がするのは私だけだろうか…。

 
 
 

判断基準は子どもと過ごす時間?それとも?


 
 

今回は、時短で働く女性からの相談です。

 

私もずっとフルタイムで働いてきたけど、産前産後とか育休明けとか、時短で働いているときはとにかく「一緒に働く人の迷惑にならないように」ってこと考えながら仕事してたなぁ。

 

仕事は一人でできませんからねぇ。

 

そうよねぇ。いまでも自分がお休みした日の翌日、散らかってるこぶたのデスクみるとつくづくそう思うよ。

 

そ、それ、時短勤務の話と関係あります?

 

気持ちよく働く環境も、一人ではできませんからねぇ。

 

き、今日はよろしくお願いします。

 

よろしくお願いします。
現在、 何人ぐらいでお仕事をされているのでしょうか?

 

一緒に同じ仕事している仲間が何人かいて、今年で3年目になります。

 

一緒の業務ができるメンバーがいるというのは心強いですね。

 

そうですね。私は契約社員で働いているので、もうすぐ更新についての面談がありまして…

 

なるほど。継続する予定ですか?

 

‥‥。自分でもどうしたらいいかわからなくて(汗)。
面談も実は今日なので、直前ですが先生に相談に来ました!

 

えっ?これからですか? それはドキドキですね!

 

今後の働き方について悩んでいて、まだ決めかねているんです。
現在私は時短勤務で働いているのですが、契約更新で現状維持かもっと働くべきか…。

 

お子さんがいらっしゃるということですが。

 

そうなんです。現在高校生の息子がいるのですが、大分手が離れてきたのでもう少し長く働いてしっかり稼いだ方が良いのかなぁという気がしています。

 

なるほど。これからお金もかかってきますしね。

 

そうなんです!でも、今は時間的にも心理的にも余裕があるので…それを失ってまで働くべきなのか迷っているんですよねぇ。

 

まずはお子さんのタイプにもよるでしょうね。お母さんにいて欲しいタイプなのか、いない方が気楽という感じなのか。その辺りはどうですか?

 

子どもに聞いてみたら「そんな無理しなくていいんじゃない」と言っていました。本人としては昼間いなくても良いけど、夜はいて欲しいと思っているのかもしれません。

ご飯の支度なんかは一人ではできませんから…

 

帰りはご飯の時間ぐらいになってしまいそうですか?

 

そうですね。フルタイムで働くと、夕飯の買い物を含めて20時ぐらいになってしまうと思います。

 

となると、少し難しいですよね。毎日コンビニご飯というわけにもいかないし。

 

そうなんです。ただ、塾がある日は息子の帰宅時間も遅くなるんですよね。

 

なるほど。それから、大切なのはご自分の精神面ですね。長く働くことによってどのように変化していくのかというところです。

 
 
 

ゆとりが持てるか心配…。


 
 

今は精神的にゆとりもあるのですが、仕事を増やしたら精神衛生上どうなるかなぁと思って。

 

何か、心配事がありそうですね。

 

人付き合いが苦手だなって感じることが多いんです。だから、仕事していても人間関係にあまり深 入りできなくて…

 

そんなに深い関係がたくさんあったらドロドロしちゃって大変です(笑)

“表面的”よりもせいぜいちょっと深いぐらいのところで動いているだけですよ。

 

わたしから見ると、みなさん 色々な方と仲良くやっているように見えて…。仕事上のコミュニケーションが上手というか。

 

みんな最初は変な印象を持たれないようにって取り繕いますよね。 でも、深い関係になってくると地がでてきちゃう。その中で深く付き合ったりそうではなかったりと段々分かれていきますからね。

まぁ多少は目をつぶって良い面を見るということです。自分の嫌な面だって相手が見ないようにしてくれているかもしれませんしね。

 
 
 

“お願い上手”が好かれるのには理由があった


 
 

自分がどう思われているのか気になって、仕事でもなかなか相談しにくかったりするんですよね…

 

何かトラブルでもあったのですか?

 

いえいえ!周囲の方がとても気が付く方ばかりで、トラブルが発生する前に先回りして問題を解決してくださるんです。

 

仲間に恵まれているということじゃないですか!

 

そうなんですが、皆さんが優秀な分、なかなか自分に自信が持てないんですよ。

ついつい頼ってしまってばかりで…。

 

頼るのはすごく良いことです。人間って誰かに頼られるのが一番の喜びなんですよ。

 

そうなんですか!?いつも聞いてばっかりで「鬱陶しいなぁ」と思われているんじゃないかと心配なんですよ。

 

今の人ってしっかりしているから頼ってこないんですよね。皆ネットなんかを駆使して自分で調べちゃう(笑)誰かに聞くよりもスピーディーに答えにたどり着く場合が多いですからね。

でも、対面で頼ったり頼られたりっていうのはとても良い関係なんですよ。

一人で完結してしまったら、人と人との関係が生まれません。組織として成長していくのが難しくなってしまいますよね。だから頼って良いのです(キッパリ)

 

そ…そうなんですね!?

 

心理学でも“不協和理論”というものがあります。

思考の中で二つの矛盾した認知があったときに、その矛盾を解消しようとすることを言います。

ちょっと不思議な現象なのですが、頼まれごとをされた時、頼まれた人が頼ってきた相手に好意を持つという現象なんですよ。

 

不思議!普通は逆のような気がしますけど。頼んだ人が、助けてもらったからその人を好きになる…みたいな。

 

ですよね。ところが「助けてあげたということは、自分はこの人が好きなんだ」というような作用が働いて、頼ってきた人に好感を持つというわけなのですよ。

 

それは意外!そして使ってみたい!!

 

ですので、自信をもってどんどん聞いてみてください。

 

ひゃーそれは…すでに自信がない(笑)

 

まぁちょっと自信がないぐらいでちょうど良いと思いますよ(笑)

アメリカの本なんかでは、自分の長所をどんどん述べましょう!なんてありますけど、それをそのまま日本でやっちゃったら付き合いづらい人になってしまいますからね。

 

確かに…

 
 
 

働き方の見直しがやる気UPにつながる⁉


 
 

自信という点では、働き方に繋がるかもしれませんね。私の勝手なアドバイスにはなりますが、もしかしたらフルで働いてもよいのかもしれませんよ。

 

本当ですか?

 

時短勤務ですと仕事がちょっと中途半端になってしまいますよね。何か問題が起きた時も「そうは言っても明日は来られないし」みたいなこととか。

 

それはあると思います。

 

人に頼りすぎているという以外に、時短勤務への引け目みたいなものが自信につながらない問題に関係しているとしたら…フルタイムに切り替えることで自信につながるかもしれませんよ。

 

なるほど!

 

お子さんが小さいうちは、時間がかかってお金はそこまでかからない。

けれども成長と共に、お金がかかって時間がかからないというように変化していきます。

そういう時にはお母さんがしっかり働いていた方が良いかもしれません。

 

学費のことなんかを考えると、やっぱりお給料は多い方が良いんだろうなぁと思います…

 

いやーつくづく大学の学費って高いんですよ。世界に比べれば日本はそうでもないですが、家計全体に占める割合を考えると重いですよね。

もちろん給料は多い方が余裕が出ます。それは別の意味の全体的な余裕にもなりますよね。おいしいものを食べに行こうとか。

ただ、働き方を変えることでそういった金銭的な余裕だけではなく、自分の自信に繋がっていく可能性が大きいと思うので、前向きに考える価値ありだと思いますよ!

 

わかりました!今日はありがとうございました!

 

▶シリーズの一覧はこちら

 
 

【第18回】「人間関係の心理学」は、実のご両親に対するお悩みを持つ女性からのお悩みです。高齢の頑固で気難しい、プライドの高い父親との向きあい方 に、齊藤先生がポジティブなアドバイスをします。

 

「人間関係の心理学」お悩み募集中!
やる気ラボでは、友人、会社の同僚、上司、部下、ママ友、恋人など人間関係のお悩みを募集しています。人間関係の悩みを抱えてやる気が出ない方、モチベーションが落ちている方、人間関係のスペシャリスト 齊藤先生にご相談したい方、ぜひご応募ください。
 ▶応募はこちら

 

あわせて読みたい

新着コンテンツ

 

この記事を担当した人

わん子

やる気ラボに古くからいる微魔女犬。やる気が失せると顔にでるためわかりやすい。my癒しは、滝と戦闘機と空を見上げること。

 

注目のキーワード

#仕事・働き方

#生活・趣味

#子育て・教育

やる気ラボについて
 
感想・アンケート

 
ライター募集中!
 


ページTOPへ