仕事・働き方

【本屋開業】本好き薬剤師が、9カ月で薬局×本屋の「ページ薬局」を開業した話

2020.07.22

2020年6月1日、大阪府豊中市・蛍池に「ページ薬局」という薬局兼本屋がオープンしました。薬局で本屋を開業することになった経緯とは?どんなやる気に基づいているのか?店舗を運営する有限会社フレンドの常務取締役であり、薬剤師の瀬迫貴士さんにお話を伺いました。

 

 


 

 

瀬迫貴士

有限会社フレンド常務取締役、ページ薬局薬剤師
1988年生まれ、広島県出身。兵庫医療大学卒。2019年6月に「1ヶ月100冊読書」を達成したことから出版業界への興味が湧き、2020年6月に薬局×本屋の「ページ薬局」をオープン。

 

 

ページ薬局

「人生を変えるような1ページと出会ってほしい」との願いから、「ページ」との名がついた。

住所: 大阪府豊中市蛍池東町2丁目3番6号シャンティー今谷101
TEL:06-4865-3778 FAX:06-4865-3779
営業時間:9:30〜18:30 ※土曜日のみ12:30まで
定休日:水曜、日曜、祝日
アクセス:
・大阪モノレール線 蛍池駅から徒歩で4分
・阪急宝塚線 蛍池駅から徒歩で3分
・大阪モノレール線 大阪空港駅から徒歩で25分
HP: https://page.friend-ltd.com/

棚づくりには特に悩み、現役書店員さんから多数アドバイスをいただいたとのこと。

 

ツイッターでオープニングスタッフの募集を呼びかけられていましたが、採用された方々も書店勤務の経験はないのですか?

 

 

そうですね。ありがたいことに書店員経験がある方も応募してきてくださったんですが、厳正な審査を経て、結果的に経験がない方々となりました。

ですが今いるスタッフは意欲が大きく、コンセプトに興味を持っていただいた方ばかりです。スタッフ一丸となって本屋の部分も盛り上げていっています。

 

やってみたら本職にも奏功


 

まだオープンされて日が浅いですが、「やってよかった!」という瞬間はありましたか?

 

購入にはいたらなかったんですが、一つ印象に残ることがありました。

親子連れが薬局利用でいらっしゃった時、薬をお出しする待ち時間の間に、絵本を読まれていました。調剤薬局での薬を待つ時間というのは、患者さんにとってデメリットな部分なんです。

だからその光景を見た時、少しでも待ち時間を楽しく過ごしていただけることにつながったのなら、「やってよかったな」と思いました。

 

本来の職分である薬局にも良い影響が見られたのですね。

 

薬局利用でいらっしゃった方の中には購入してくださった方もいます。その方も薬を待っている間に、実用書の棚を時間つぶしに見られていて、最終的に料理本をお買い上げくださいました。

恐らく最初は特に目的なくご覧になっていたと思うんです。だけど見ているうちに「これはおもしろそうだな」と思って買っていただけたのではないかなと想像しています。そうやって偶発的な本との出会いを創出できたことも嬉しく思います。

 

 

「薬局×本屋」という形態が実際にお客様にとって有益なものであるとわかると、瀬迫さんはじめスタッフの方々のやる気アップにもつながりますよね!

 

そうですね。ツイッターでも反響をいただいてありがたいことです。本関係の方からも薬剤師の方からも、「ありそうでなかった」「このビジネスモデルはいい!」などのお声をいただいています。

どちらの業界にも好意的に受け入れられて「これからも頑張っていくぞ」というモチベーションになっていますね。

 

今度は本職を本屋に活かす


最後に、まだ始められたばかりの取り組みですが、今後の目標を教えてください。

 

「薬局×本屋」として最大のねらいは、ふだん本屋に行かない方に本と出会っていただくことです。どうやったら本に興味を持っていただけるかは、まだまだ工夫の余地があると思うので、チャレンジを重ねていきたいです。

 

 

もちろん本好きの方にもお越しいただきたいと思っています。処方箋なしで薬局に来るケースはそんなに多くあることではないので、気軽に立ち寄っていただけるのならそれは喜ばしいことです。

今後に向けては、本屋の部分にもっと自分たちの職分を活かしていけるのではないかと考えています。薬局はもともと地域に密接した施設で、薬剤師の仕事は地元民に寄り添い、密にコミュニケーションを取ることが大事なんです

自分たちの強みを活かして、例えば、本を買いに来た方が健康で気になることがあった際に、相談を受けることができるんじゃないかとイメージを膨らませています。

薬局と本屋、相互に作用できるように工夫し、このビジネスモデルを確立させていくことも目標ですね。

 

たしかに薬剤師の方は、患者さんの症状に耳を傾け、薬の服用法などを丁寧に伝えられています。ふだんの業務で鍛えられているコミュニケーションスキルが、本を求められて来た方にも発揮されそうですね。

今回は薬局と本屋どちらにも全力を注がれる、やる気いっぱいのお話を伺うことができました。ありがとうございました!

 

 

 


 

\ ページ薬局さんをフォローしよう! /

\ 瀬迫貴士さんをフォローしよう! /

 

\ 最新情報が届きます! /

 

あわせて読みたい



新着コンテンツ



この記事を書いた人

ほんのまともみ

やる気ラボライター。本が好きな気持ちをどうにかしたくて、JPIC読書アドバイザー講座を受講(27期)。主に本を書く人、届ける人のやる気に着目して発信します。子どもの遊びや文化に携わる人にも関心大。様々な活躍をする人の「物語」を書き起こせることにやりがいを感じながら励みます。



注目のキーワード

#仕事・働き方

#生活・趣味

#子育て・教育

やる気ラボについて
 
感想・アンケート

 
ライター募集中!
 

ページTOPへ