やる気の出るモノとコト

【家事のやる気スイッチON】「献立」を楽に考える方法と、困ったときの簡単料理

2019.09.29

【がんばる社会人のみなさまへ】
毎日家事を頑張っているあなたに、もっとラクにやる気になれるハウツーを共有します!

いま話題になっている家事のテクニックのほか、20代~50代男女にアンケートを取った結果も一挙公開!
簡単に試せるやり方です。気になったものはぜひ取り入れてみてくださいね。
シリーズの一覧はこちら

 
 

毎日献立を考えるのは大変

 
最近食べたものとかぶらないように、かつ栄養も十分に、彩りも…
 

「昨日は魚だったから今日は肉かな……」
「冷蔵庫にあるのはこれだから、今日の夕飯は……」

と、毎日の食事、献立を考えるのは大変。

アイディアが欲しくて子どもや夫・妻に聞いてみても、
「何でもいいよ」と返ってきたり、一昨日食べたものを提案されたりと、
なかなかうまくいかないときもあると思います。

 

そんな大変さを少しだけ解消する方法は、
週に1回、1週間分の献立を立てることです!

1週間分、といっても、平日の5日間分です。

オススメ▶1週間の献立の考え方(外部サイト)

オススメ▶1週間の献立レシピ(外部サイト)

 

まず、主菜となるメインのおかずを考えるため、
曜日ごとに肉料理、魚料理、一品料理……と決めていきます。

それに合うように、自分の食べたいもの、家族の好きなメニューなどから
選んでいきます。

ここで重要なのは、きっちり決めすぎないことです。

 

急にご飯がいらなくなったとき、
急に子どもの体調が悪くなってご飯が食べられなくなったときなど、
臨機応変にならなければいけない場面は出てきます。

きっちり決めていたことが崩されてストレス!ということを回避するために、
ざっくりと大雑把に決めることが重要です。

 

献立づくりのコツはこちら

夕食のやる気アップの考え方、アドバイス3点!

めんどくさいお昼を乗り切る簡単レシピ2案。アレンジOK!

 
予定通りにいかなくてイライラ…
 

副菜は、冷蔵庫の残り物や、メイン料理で余った食材、作り置き、
スーパーで安くなっていたものなどから考えて用意するといいそうです。

「副菜は、なかったらなかったでいいか」といった気持ちで、
当日用意するのがストレスにもなりにくそうですね。

 

1週間分の献立を決めると、買い物も楽です。

まとめて買うことができたり、足りないこと、余ることも
少なくなったりします。

 

実際にアンケートを取ってみたところ

まとめて献立を考えている方、

まとめて作っている方もいました。

 

週末に、1週間の大体の献立を考えて買い物をしています。買い物も、足りないものを買うだけなので、時間もかかりません(40代女性・テレアポ)

毎日献立を考えるのが本当に大変なので、週1回、作り置きをしています(20代女性・アパレル)

 
 

レシピの探し方

 
献立を考える
 

では、他にどのような方法で献立を考えているのでしょうか?

献立の考え方については多種多様で、
個人個人に合ったやり方でこなしていました。

 

図書館でレシピ本を何冊も借りて、作りたい料理をあらかじめ何個か選んでいます。献立に困ったとき、その中から選んで作るようにしています(30代男性・インフラ)

献立で悩まないように、簡単に作れるものは普段は作らないようにしています。何も考え付かないときのためにとっておいています(20代男性・会社員)

冷蔵庫にある材料をネットで検索して、料理を決めています(40代女性・会社員)

 

図書館やネットを活用している方もいらっしゃいますね。

料理やレシピをストックしておくことで、心の余裕にもつながりそうです。

 
 

こんな料理がおすすめ

 
自分が簡単に作れる料理は何だろう
 

具体的にこんな料理を作っている、という回答もいただきました!

 

迷ったときには、簡単にできて美味しいニラもやし炒めを作るようにしています。それと、卵料理として、だし巻きやオムレツ、目玉焼きなどと組み合わせています(40代男性・スーパー)

定期的に何も作らない日を設けていて、その日はご飯、サバの缶詰、冷ややっこです。後は漬物や残り物のおかずで済ませています(50代女性・フリーライター)

 

簡単で美味しいものがあると良いですよね!

こういうときはこれを作る、といった決まったものがあると、
悩み過ぎなくて済みそうです。

 

また、「何も作らない日」を決めておくのも良いですね。
自分で休みを作ることで、リフレッシュにもなりそうです。

 

何も作りたくない日のオススメはこちら

体調不良時の超簡単レシピ

チェーン外食・コンビニのオススメ食べ物4種類

 
時にはだらけよう
 

このように、皆さんいろいろな工夫をして献立を考えたり、
料理を作ったりしていました。

その日食べたものをメモしておく作り置きをしておく
珍しい食材を探して料理する
、といった意見もありました。

珍しい食材、っていうのはとても興味深いですね……

 

今回は献立についての「ひと工夫」でした。

よかったら参考にしてみてくださいね!

 

献立を楽に考える方法

①週に1回、1週間分の献立を立てること

②きっちり決めすぎないこと


「自分はこうやっています!」「こんな方法もあるよ」といった
ご意見、ぜひTwitterで教えてください!

 
 
 

あわせて読みたい

 
 
 

この記事を書いた人

よしこ

やる気ラボの新人です。よろしくお願いします。普段関われないような人の話や考えを聞くのが好きです。あと桃が大好きです。男子バレーのイタリアを応援しています。東京五輪が楽しみです。

 

注目のキーワード

#子育て・教育

幼児/小学/中学/高校
 
#仕事・ビジネス

 
#ライフスタイル
 

やる気ラボについて
 
感想・アンケート

  

 
 

ページTOPへ