やる気の出るモノとコト

【月曜のお仕事】仕事でやる気がなくなってきたら? スケジュール管理を見直してみよう!

2019.09.2

毎週月曜日更新
つらい月曜日を乗り切る「やる気×シゴト」のちょっとしたアドバイス。ウィークデーをもっとイキイキと過ごしましょう!

シリーズの一覧はこちら



もっと仕事に打ち込みたいけれど、やる気がなくなってしまった。

手を付けなければいけない仕事があるけれど、どこから手を付ければいいのかわからない。

実際のところ、仕事のスケジュールを把握できていない。

 

仕事へのやる気を取り戻すには、スケジュール管理の方法を一度見直してみてはいかがでしょうか?

今回は、やる気を取り戻すためのスケジュールの重要さについてご紹介します。

 
 
 

先にスケジュールを決めてから行動しよう

 

特に段取りを決めることなく、漫然と仕事をしていては、思うように仕事が進まないこともあります。また、なかなか仕事が終わらない。満足のいく結果が出せない。などの問題も起こってしまいます。

 

そのようなことを繰り返していると、だんだんとやる気もなくなってきますね。

 

まず、1日の仕事始めや新しい仕事に取り掛かる前に、先にスケジュールを決めておきましょう。先に決めるスケジュールの内容は、後で見直して調整もできます。だから、多少アバウトな内容になっても構わないのです。

 

スケジュールを最初に決めることで、それらの内容に近づこうと自然と努力するようになるので、やる気を出して取り組むことができます。

目標や予定があるからこそ、人はやる気を持って動けるのです。

 
 
 

手帳でのスケジュール管理も効果的!

 

日々のスケジュールを記録する手段として、あなたは何を使っていますか?

 

スマホのカレンダー機能が使われていることが多いと思いますが、手帳に書き込む習慣を付けてみませんか?

 

手帳にスケジュールを書いて、その文字を見るだけでもやる気が引き起こす効果があります。

 

何かを書くという行為そのものが、人間の脳に良い影響をもたらすといわれています。仕事上の予定などを手帳に書いておくことで、記憶にも残りやすくなり、計画的に仕事を進めていくことができます。プライベートの用事においても、同じことがいえます。

 

やる気を出すためのアイテムとして、大切な役割を果たす手帳を活用してみましょう!

 

スケジュールだけに限らず、自分にとってやる気が出る言葉や目標など、思いつくがままに手帳に書いてみるのも良い活用方法です。

 

お好みのシールやカラーペンを使ってアレンジすれば、手帳を書く、見ることが楽しくなりますよ。

 
 
 

まとめ

 

やる気を持って仕事を進める中で、もっとも大切なことはスケジュールについて考えておくことです。

 

スケジュールを決めようと言われても、面倒に感じてしまう。スケジュールを考えたいけれど、物事の優先順位が決まらなくて混乱してしまうように思いますね。

 

スケジュール管理をすることは、眠っているやる気を引き起こすための簡単な方法なのです。

明確なスケジュールを決めておくことで、意識がそれらの方向へと向かってやる気アップにもつながります。

 

スケジュール管理に手帳を活用して、何か予定があれば書き込んでみる。

中身の文字に目を通す習慣をつけることから始めてみませんか?

 
 

おすすめコンテンツ

 
 

この記事を担当した人

やる気ラボ編集局

やる気の出し方や、誰かをその気にさせる方法について研究しています。 ネットとリアルのあちこちから情報を集めて発信。 「むずかしいことをおもしろく」がモットーです。 http://www.jibunryoku.org/

 
 

注目のキーワード

#子育て・教育

幼児/小学/中学/高校
 
#仕事・ビジネス

 
#ライフスタイル
 

やる気ラボについて
 
感想・アンケート

  

ページTOPへ