やる気の出るモノとコト

【家事のやる気スイッチON】毎日の「掃除」を時短に済ませる

2019.10.2

【がんばる社会人のみなさまへ】
毎日家事を頑張っているあなたに、もっとラクにやる気になれるハウツーを共有します!

いま話題になっている家事のテクニックのほか、20代~50代男女にアンケートを取った結果も一挙公開!
簡単に試せるやり方です。気になったものはぜひ取り入れてみてくださいね。
シリーズの一覧はこちら

 
 

毎日の掃除って面倒くさい

 
乗り気になれない掃除
 

毎日こまめに掃除をすることって、難しいですよね。
1日忘れると、数日やらなくなってしまったり。

でも、サボればサボるほど、後々大変になることは分かっていて、
渋々やっている……

そういう方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんな毎日の掃除が、少し楽になる方法を紹介していきます!

 

お掃除ブログ「節約ママのこだわり掃除」のよしママさんによると……

 

「普段は時短で済ませて、定期的にしっかりやる」というのが基本です。

定期的にしっかりキレイにしておけば、
その状態を保ちたいというモチベーションが上がるだけでなく、
毎日のお掃除は時短でサッとするだけでOKになるわけです。

 

とのことです。

オススメ▶よしママさんのお掃除のコツ(外部サイト)

常に綺麗な状態を保つことができれば、
汚したくないという気持ちにもなりますよね!

年に数回の大掃除なら、やる気になるかもしれません。

 

実際に、“普段は時短、定期的にしっかり”といった掃除を
やっている方がいました。

 

毎日掃除機をかけるのは面倒なので、毎日やるのはクイックルワイパーのみです。その代わり、毎週末にしっかりと掃除をしています(20代女性・アパレル)

毎日少しずつ、見つけたところを掃除しています。おかげでそれほどほこりもたまりません。部屋の隅や家具の隙間などは、週末など余裕のあるときにしています(40代女性・テレアポ)

 
時短でも毎日掃除することが大事
 

なるほど、やはり「毎日少しだけやって、週末にしっかり」というのが、
常に綺麗な部屋を保つことができ、良さそうですね!

 
 

毎日の掃除のコツ

 
掃除道具たち
 

では、毎日の掃除ってどうすればいいのでしょうか?
どれくらいやれば、後々の大掃除が楽になるのでしょう。

その「毎日の時短の掃除」をやるコツについて、紹介していきます。

 

1つは、「成果が見えやすい場所を掃除する」です。

普段生活していてよく目に入る場所を掃除することで、
「綺麗になった」「掃除した」という成功体験ができます。

 

2つ目は、「ついで掃除」です。

掃除の時間を確保するのが難しい、という方におすすめ。

キッチンを使ったあと、片付けのついでに掃除をする。
お風呂に入ったあと、ついでに掃除する。

掃除のために時間を割いている、という感覚が少なくなり、
苦手意識のある方にも向いているかと思います。

 

3つ目は、「掃除道具はすぐ手の届く場所に置いておく」です。

掃除する場所の近くに掃除道具を置いておくことで、
道具をわざわざ取りに行くという手間が省けます。

1つでも「面倒ポイント」をなくすことで、
掃除への移行が緩やかになりますね。

オススメ▶ラクして綺麗にできる掃除のコツ(外部サイト)

 

このようなコツをすでに実践されている方もいました。

 

1日1ヶ所、場所を決めて、毎日違う場所を掃除しています。部屋の床のほこりは、見つけたらすぐに粘着テープで取ります(40代女性・会社員)

トイレやお風呂場、リビングの床など、1ヶ所1ヶ所を別々にこまめに掃除しています。1ヶ所なら大体5分から10分で終わるので、そこまで面倒に感じません(20代男性・コンサル)

普段からよく目がいくところだけに掃除機をかけています。食べ終わって汚れたところはすぐに拭くなどして、常に綺麗に保っています(20代女性・サービス)

 
机を拭く
 

1日1ヶ所だけなら、時間もかからず、あまり負担にもならず、良いですよね!

一方、毎日これをやると決めるとストレスになるという場合には、
汚れたときにそのつど掃除をしている、という方もいらっしゃいました。

自分の生活や性格に合わせたやり方を選ぶことが重要ですね!

 
 

こんな方法もあります

 
働くお掃除ロボット
 

アンケートで、定期的な掃除や大掃除などではない、
掃除のやり方やアイディアがあったので、ぜひ紹介させてください。

 

定期的に誰かを部屋に呼ぶようにしています。嫌でも掃除しなければならないので(30代男性・インフラ)

思い切ってお掃除ロボットを購入しました。部屋がすごく綺麗になるので、お風呂場やトイレなどを週に1回掃除するだけです。かなり楽になりました(40代男性・スーパー)

時間を決めて、「このテレビが放送されている間に掃除を済ませる」といった目標を自分の中で立てて、ゲーム感覚で掃除をしています(30代女性・主婦)

 

皆さんそれぞれ工夫しているようですね!

最後に、重要なのは「完璧を目指さず、頑張りすぎない」ということです。

大変なところは、家事代行サービスを利用するのも手ですよ!

 
プロの方、お願いします…!
 

さて、今回は毎日の掃除についての「ひと工夫」でした。

よかったら参考にしてみてくださいね!

 

毎日の掃除を楽にする方法

①普段は時短で済ませて、定期的にしっかりやる
②成果が見えやすい場所を掃除する

③トイレやお風呂場など、使ったあとに「ついで掃除」
④掃除道具はすぐ手の届く場所に置いておく


「自分はこうやっています!」「こんな方法もあるよ」といった
ご意見、ぜひTwitterで教えてください!

 
 
 

あわせて読みたい

 
 
 

この記事を書いた人

よしこ

やる気ラボの新人です。よろしくお願いします。普段関われないような人の話や考えを聞くのが好きです。あと桃が大好きです。男子バレーのイタリアを応援しています。東京五輪が楽しみです。

 
 
 

注目のキーワード

#子育て・教育

幼児/小学/中学/高校
 
#仕事・ビジネス

 
#ライフスタイル
 

やる気ラボについて
 
感想・アンケート

  

ページTOPへ